7月2集(損保版)

 

発行日
令和2年7月9日
サイズ
B5判

目次

七月号第二集目次

オピニオン/元受共済事業で850万人の
      加入者に     和田寿昭氏(1)
主張/銀行窓販の真の適正化を望む    (2)
週間の動き
 ▽フィンテック企業SYNQA社へ出資
  (TFS、三井住友銀、AD損保など)(2)
 ▽「20年度自動車運転社会実装」に参画
  (ジャパン、愛知県のプロジェクト) (3)
レポート
 ■3年を経て道半ばの顧客本位の業務運営
  (関東財務局管内61代理店ヒアリング)(4)
論考
 ■損保のコロナ対応の商品改定リビュー
                古河雄二(8)
我観/人口減少と高齢化 鶴岡万太郎(7)
ニュース
 ▽ヒトにつくモビリティ保険・サービス
  (ジャパン、スマートライブと提携) (10)
 ▽新MaaSサービスや保険商品を開発
  (東海日動、マース・テックJと提携)(11)
 ▽リアルデータプラットフォー立上げ
  (SOMPO、パランティアと合意) (12)
 ▽せとうちクレイドルプロジェクト開始
  (東海日動、新運航システム導入)  (13)
 ▽サイクルアシスト10万件超(楽天)  (13)
 ▽SIP第2期/自動運転受託(AD) (14)
 ▽新プログラム「水害・土砂災害編」
  (東海日動、小学生用ぼうさい授業) (14)
 ▽ESG情報開示研に参画(SOMPO)(15)
 ▽新型コロナ対策WEBセミナー開始
  (AD、在日ブラジル人社会向け)  (16)
 ▽山形県と自転車安全で連携(協会)  (17)
 ▽カンタン体操を開発・提供(三井住友)(17)
 ▽タブレットで防災まち歩き(四国)  (18)
 ▽自転車賠責で街頭啓発(山形損保会) (18)
 ▽飲酒運転根絶でチラシ寄贈(沖縄)  (19)
人事異動(AIGジャパン、AIG損保、
 アメホ、損保ジャパン、エイチ・エス) (19)
統計/主要損保会社の令和2年3月期決算 (20)