「終身治療保険プレミアムDX」【オピニオン】6月4集(生保版)

野口俊哉氏(談)
チューリッヒ生命チーフ・マーケティング
・プロポジション・オフィサー
「終身治療保険プレミアムDX」を発売
チューリッヒ生命は6月2日から、従来の商品とは保障のカタチが全く異なる終身医療保険「終身治療保険プレミアムDX」を発売します。
日本においては、医療技術の発達により長寿化が進んでいます。また、入院は短期化しており、今後は老後資金を貯めるために、いろいろな治療方法を用いて働きながら傷病を治療する時代になると言われています。一方、日本の公的医療保険制度は充実しており、医療費の自己負担は多くの場合3割であり、毎月の支出が所得等によって決まる一定額を超えたときは超えた額について払い戻しを受けられる高額療養費制度もあります。このような社会環境下において、当社は医療費の自己負担額を長期間にわたって保障する商品の必要性を感じたため、本商品の開発に至りました。
 本商品は、入院・手術・放射線・通院・在宅医療といった治療を、主契約で包括的に月額保障します。ただし、同一月に複数の治療を行った場合は、お支払金額が最も高い給付金をお支払いします。なお、1入院の支払限度日数は設けておらず、すべての給付金合計の通算支払限度額として、基準給付月額の120ヶ月分という超長期の保障を実現しています。
 さらに、本商品に付帯可能な特約は、従来から人気のある先進医療や3大疾病保険料払込免除の特約に加えて、魅力的なものを用意しました。
①働けない場合を加入月から幅広く保障する収入サポート特約
②女性特有の疾病や不妊治療を保障する不妊治療保障付女性総合疾病治療特約
③既に終身医療保険に加入している場合や傷病手当金を考慮した保障を希望する場合に、割安な保険料で長期保障を上乗せできる入院免責日数特約(免責日数60日型と540日型)
なお、当社が従来から販売している「終身医療
保険プレミアムDX」についても販売を継続します。本商品を新たな商品ラインナップの1つとして、終身医療保険に未加入のお客様や、既に終身医療保険に入っているお客様に積極的に販売していきます。