「終身ガン治療保険プレミアムZ」を 発売【オピニオン】4月1集(生保版)

野口 俊哉氏(談)
チューリヒ生命チーフ・マーケティング・
プロポジション・オフィサー
「終身ガン治療保険プレミアムZ」を
発売
 チューリッヒ生命は、従来の商品から保障を更にバージョンアップした新商品「終身ガン治療保険プレミアムZ」を、4月1日に発売します。
 従来の商品コンセプトである“長期間のガン治療に対する手厚い保障”はそのままに、将来のガン治療にも対応することができます。
 新商品の主な特長は次のとおりです。
①主契約は、抗がん剤治療給付金と自由診療抗がん剤治療給付金のみを保障し、それ以外はお客様のご要望に応じて、数多くのオプション特約を組み合わせた自由な商品設計が可能です。
②抗がん剤治療に最大で基準給付月額120ヶ月分の長期保障を提供します。また、ひと月に複数月分の抗がん剤を処方された場合は、複数月分の給付金をお支払いします。
③欧米等で承認された所定の自由診療の抗がん剤治療について、基準給付月額の2倍保障のⅠ型に加えて、4倍保障のⅡ型を新設します。(保険期間を通じて通算12ヶ月限度となります。)
④ガン治療に関する医療技術は急速に進歩していますが、将来の新しいガン治療に対応できるガン治療関連給付金を創設し、オプションであるガン治療特約において、ホルモン剤治療給付金やガン緩和療養給付金等とあわせて保障します。(ガン治療関連給付金は保険期間を通じて通算12ヶ月限度となります。)
⑤オプションであるガン診断特約(Z03)は、診断確定されたガンのステージに応じて、お支払いする給付金がガン診断基準給付金額の10%~150%に変動する合理的な保障内容です。
⑥ガンによる乳房観血切除術や子宮摘出術などの特定の手術を保障するガン特定手術給付金を創設し、オプションであるガン手術特約(Z03)において、ガン手術給付金やガン放射線治療給付金とあわせて保障します。
  また、保障対象をガンのみならず3大疾病(ガン・急性心筋梗塞・脳卒中)まで拡大した「3大疾病保険プレミアムZ」も同時に発売します。