3社間業務提携を締結【オピニオン】5月4集(生保版)

大串 卓児氏(談)
SOMPOひまわり生命営業企画部
マーケット開発グループ 課長
     吉江 正博氏(談)
SOMPOひまわり生命法人統括部
法人マーケット開発支社 支社長
3社間業務提携を締結
 SOMPOひまわり生命、損害保険ジャパン(以下「損保ジャパン」)および株式会社明治(以下「明治」)の3社は、「食と健康」に関する最高品質のサービス提供で、健康寿命の延伸を図り、豊かな社会の実現を目的に、業務提携を締結しました。
 業務提携の背景として、お客さまへ「健康」に向けた様々な価値を提供していることが一致したことから、3社が協業しあうことで、より豊かな社会の実現に貢献できると考えて、提携に至ったものです。
 提携の狙いは、3社が保有する資産を有効に活用し、連携強化とそれぞれのサービスを各社のお客さまの提供することで、地域や社会課題の解決を目指してまいります。
提携内容は、3社の事業資産(ヘルスケア商品、サービス、データなど)を活用した新たなサービスを開発し、お客さまに充実した「健康価値」を提供していくものです。
 具体的取組みの第1点は、明治特約店と当社代理店の協業を図ります。両社は、お客さま訪問という価値を共有し、健康に資するイベント開催を通じて、お客さまの行動変容につながる取組みを発信してまいります。
 第2点は、「SOMPOpark」や明治のホームページを活用した相互送客を図ります。損保ジャパンの運営する「SOMPOpark」のホームページやメールマガジンと明治のホームページを活用し、
お互いの会員に向けた有益な情報を共有・発信し、
会員数増大の取組みを開始致します。
 第3点は、損保ジャパンと明治による新たなサービス構築を図ります。一人ひとりのお客さまの
健康増進を支援するカスタマイズ化したツールの開発を検討しております。
 今後の展開としては、3社それぞれのお客さまとの接点を持つことで、健康に対する予防習慣をキーワードとして、健康増進のための情報発信に努めていきたいと考えております。(文責・記者)